IEICE knowledge Discovery (I-Scover) は、電子情報通信学会の論文誌や研究会などの
論文を横断的に検索可能なサイトです。どなたでもご利用頂けます。
ここでは、I-Scoverの特徴や使い方などの他、最近のトピックスについてご紹介致します。

API を用いたI-Scover利活用コンテスト募集案内

電子情報通信学会文献検索システム IEICE Knowledge Discovery(I-Scover)の第2 期システム(平成28 年12 月サービス開始予定)では,I-Scoverが保有する文献メタデータを二次利用しやすい形で提供するアプリケーションインタフェース(API)機能を追加します.このI-Scoverの APIを活用することで,I-Scoverの利活用法が飛躍的に拡大することが期待されます.
I-Scoverプロジェクトでは,さらなるI-Scoverの利用推進を促すため,I-Scover APIを利用したコンテストを開催致します.本コンテストに御応募頂いたアプリケーションは,電子情報通信学会I-Scover プロジェクト内で厳正な審査を行い,優秀作品について,平成29年3月開催予定の総合大会(名城大学)で表彰を行います.

  ■応募期間: 2016年12月中旬から約1か月間
  ■対象者:16 歳以上の学生,教員,企業技術者
  ■応募費用:無料
  ■使用するAPI:I-Scover SPARQL-API およびOpenSearch-API
  ■応募部門:
  (1) アプリケーションの部:
    I-Scover API を用いたアプリケーション(ツール,サイトなど)
  (2) データ利活用アイデア/分析成果の部:
    I-Scover API を用いた研究やビジネスのアイデア,I-Scover に登録されている文献の分析を行った研究成果など
  ■応募条件,API 仕様,提出資料等応募方法の詳細については,10 月上旬に,本HP「I-Scoverひろば」に掲載します.

なお,本コンテストに先駆け,平成28年9 月開催のソサイエティ大会において,I-Scover のAPIの一つであるSPARQL-API のチュートリアルセッションを行います.SPARQL(スパークル)とは,データ検索のための言語であり,I-ScoverのSPARQL APIを用いると,論文で使用されているキーワードのランキング(及びその推移),特定のキーワードが付与された論文の執筆者ランキングなどの情報を入手することができるようになります.本セッションのプログラムを以下に示します.ここでは,演習を交えてI-Scover SPARQL-API の使用法とともに,本コンテストの概要について説明致しますので本コンテストに興味のある方は,是非ご参加ください.

ソサイエティ大会 企画セッションのご案内

2016年9月20日(火)~23日(金)に北海道大学で開催されるソサイエティ大会において, その初日(20日)の午後にI-Scover企画セッションが行われます.

  ◇ 開催日時:2016年9月20日(火) 13:00~16:40  
  ◇ 開催場所: 工学部 B1棟 オープンホール

・タイトル:I-Scoverを使って研究開発をスピードアップ!?
   -学会文献検索システムの有効活用に向けてRDFクエリ言語SPARQLの使い方を学ぼう-

○座長 千村 保文(OKI)
1) 講演1(60分)
  西野 文人(富士通研究所)
「I-Scoverデータを活用するための検索クエリ言語SPARQLの概要」
2) 演習1(60分)
  西野 文人(富士通研究所)
 「SPARQLを利用したI-Scover DBの分析・処理の演習(初級編)」
○休憩
3) 演習2(60分)
  西野 文人(富士通研究所)
 「SPARQLを利用したI-Scover DBの分析・処理の演習(中級編)
4)講演2(20分)
  長谷川 晴朗(沖コンサルティングソリューションズ)
 「I-ScoverのAPIを用いたコンテストの概要」